太陽の下
[Ep.2 その後のその後](1/14)






あたし達が高校を卒業して、早2年。


歳を取ると時間が


短く感じられるっていうのは


どうやら本当らしい。






なんか、あっという間だった。








「佐奈、」


「あれ?響、何やってんの?」


「今日、試合中止になって暇だから。」


「あ、そっか。雨だもんね」






門のところで響を見つけたあたしは、


友達に別れを告げ、響と一緒に歩きだした。






高校を卒業して、


あたしは専門学校へ進学し


響はすぐに就職した。



・・・って言っても、


社会人野球のチームに入ったから、


相変わらず野球漬けなんだけど。


 - 178 -
もどる[*][#]すすむ
しおり
/191 n
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook
[←戻る]